バディサウンドワークス店長の経歴は?自宅住所や家族・未返却の楽器の行方について調査!

こんにちは!秋蕾です。

1月に「はれのひ」という振袖の販売やレンタルの会社の社長が成人式当日に雲隠れしたという話題も記憶に新しいところですが…

今回は、楽器店の店長が客から預かったビンテージのベース(80万円相当)など数点を返却しないまま行方をくらました上に、倒産していたという音楽界のはれのひ事件ともとれるニュースが上がっていますね。

楽器は音楽をされる方にとっては相棒とも呼べる大事な存在です!
高いものとなるとそれこそどんな思いで購入したかというぐらい大事なものなのに、それを返却しないままで逃げるなんて…

そんな今回は

  • バディサウンドワークスの店の場所
  • 店長の名前と経歴
  • 自宅住所
  • 店長の家族
  • 返却されていない楽器の行方

を調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

バディサウンドワークスとは?店舗の場所は?

『バディサウンドワークス』は、ギター・ベース・関連機材を主に
カスタムパーツやヴィンテージパーツなど様々なサウンドメイクに
お応えするアイテムを揃えております。

楽器を始めてみたいなと心描く初心者の楽器選びのご相談から
楽器マニアが垂涎するヴィンテージ楽器やハイエンド楽器
プロミュージシャンご用達の楽器まで幅広く対応できる
スタッフが対応させて頂きます。

店内にリペア工房を完備し、ご購入後のアフターケアや弾き心地の調整
更には楽器の改造まで幅広く対応させて頂いております。

引用:HPより
URL:http://buddy-sw.com/about.html

調べてみたところHPの一部がまだ機能していました。
ギターやベース、機材やパーツなどの販売、調整や改造などを行っていたようですね。

店舗の住所は東京都杉並区高円寺2丁目35-11とのことですが、現在は閉店しているのでもちろん営業はしていないそうです。

店長の名前とその経歴は?

店長もとい代表取締役は山本誠(やまもと まこと)という方です。

忠犬ハチ公のふるさとから飛び出した野良犬野郎だけになぜか、動物に好かれる今日この頃・・・

山本 誠さんの投稿 2017年1月5日(木)

HPしかり、TwitterやFacebookにもしっかり顔出しされているにも関わらず平然と悪いことをしているのはどういう神経されているんですかね?

HP:BUDDY Sound Works
Twitter:@makoto_buddy
Facebook:山本 誠

いくつかさかのぼってみたところ、出身は秋田大館市とのことです。

また、誕生日は6月4日、2015年に44歳になったという発言をしていることから年齢は現在46歳でしょう。

経歴はFacebookにこれ見よがしに書かれています。

引用:Facebookより

会社員を経て独立し、現在の楽器店を開始したようですね。
エリアマネージャーや営業部次長もされていたことから会社員時代は優秀な人物だったのではないでしょうか。

また、独立して楽器店を開始してからは音楽塾もされていたようです。

SNSの更新はTwitterの2017/9/3の更新が最新のもので、それ以降に失踪したものと思われます。

自宅住所は?

2015年に自宅と思われる建物から写真を投稿しており…

さらにさかのぼって2013年に、2015年の分で左側で切れている建物の全体と思われる写真を発見しました。

このことから2015年時点で住んでいた住所を以下と特定しました。

〒177-0032 東京都練馬区谷原5丁目16−35

同じ風景ですね!

以下のGoogleマップ上に示している建物が2015年時点の住宅と思われます。

コメントより情報提供いただき、2016年の8月には既に引き払われた後のようです。
売られていた物件 → プラットホーム様HP

家を売り払っているということはこの時点でお金に困っていたのは確かなのでしょう。

携帯電話もつながらない状態のようですし、最近の時点での居住地に関する情報はないので、現在どこに住んでいるのかは実際にはわかりません。

しかしながら病院にかかっていることから、病院に通えるような場所にいるのではないかと推測します。

スポンサーリンク

家族は?

調べてみたところ、それに関する情報は特になく…。

ただ、Facebookをさかのぼっていると気になる情報を発見しました。

自分の不摂生でご心配おかけし申し訳ありませんm(_ _)m沢山のコメント頂き反省しております。水曜木曜の定休日を利用して自分のリペアに取りかかりました!ヘルニア君と長いお付合いをしておりましたが、なんか別の所が調子悪いなとかかりつ…

山本 誠さんの投稿 2015年4月2日(木)

2015年と多少古い内容にはなりますが、ヘルニアを患っていること、心筋梗塞になっていること、そして文章の最後の方に…

「いつも支えてもらってる家族や友人のためにも」 健康第一に努めます。

さらにコメントには…

家族に協力を依頼して野菜と鶏肉(ささみ)後は、魚・豆中心の食生活に突入しました!

…とあることから、両親が秋田から東京に一緒にでてきているor奥さんがいるのでは?と推測できます。

また、NNNで公開されている映像に2016年のお客さんとのメールのやり取りが公開されており、その文面に妻という単語が見られることから、奥さんがいるということがわかります。

でも昔のお話ですから奥さんが当時いたとしても現在は分かりませんけどね!

未返却の楽器の行方は?

調査したところ、被害は1件どころではなく10件以上に及ぶとのことで、警察にも複数の被害相談が寄せられているそうです。

委託販売分の売り上げ代金を支払わずにだとか、1本が80万円相当するベースも持ち逃げされていることから、被害額もかなりのものになると容易に想像できますね。

ヘルニアや心筋梗塞といった単語がでていたように病院代もそれなりに必要になっており、店舗経営も苦しかったため、資金繰りが上手くいかず客の楽器に手をつけ逃げたというところでしょうか…。

自分がお金に困っているからといって到底許されることではありません。

そして問題となっている未返却の楽器ですが、自分の楽器が質屋で発見されたという情報も…

このことから、すでに預かった楽器は残念ながら質屋などでほとんどお金に換えられてしまっている可能性が高いですね…。

しかも今回の場合は盗品扱いはされないそうなので、買い戻しという形でお金を払わないと手元に戻ってこないという状態みたいです。

せっかく見つかったのにさらにお金を払えとは…踏んだり蹴ったりですね…。

ただ、民法や質屋営業法には

盗品または遺失物が質屋で見つかった場合、盗難または遺失の時から2年以内であれば、質屋に対し無償でその物の返還を求めることができる

参照:民法193条

質屋が同種の物を取り扱う営業者から善意で質受した場合であっても、1年以内であれば無償でその物の返還を求めることができる

参照:質屋営業法22条

というものもあるそうなので、なるべく無償で持ち主のもとへと楽器達が戻ることを祈るばかりです。

まとめ

今回はバディサウンドワークスの店舗の場所や店長の経歴、自宅住所、家族、未返却の楽器の行方について調査しました。

9月から失踪しており問題になっていてやっと取り上げられたこの事件、成人式のはれのひ事件に続きまたか…という感じですが、少しでも早く解決し、無事に楽器達が持ち主のもとへ戻ってくれることを祈るばかりです。

読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

  1. kazu より:

    http://www.plat-home.com/weblog/11085
    自宅はすでに売却してますね。